イベント

猟師の生活-井上亜美展
展示
2017/09/01 (金)2017/09/25 (月)

猟師の祖父を持ち、自身も猟師である映像作家、井上亜美氏は自身が参加する狩猟の場面を
記録する形で作品を制作しています。

井上氏の作品は都市で生きる猟師としての生活と、
狩猟という自然の中で行う行為との両方を映し出すことで、両者の微妙な距離感を表現しています。

この度、多賀城市立図書館では「猟師の生活-井上亜美展」を開催し、
井上氏の作品を展示いたします。

動物を狩り、またその解体の処理を行い、さらにそれを調理していく行為が
現代に生きる私たちの目にはどのように映るのか、会場にてご鑑賞いただければと思います。

 

井上 亜美

1991年 宮城生まれ
2014年 京都造形芸術大学こども芸術学科 卒業
2016年 東京藝術大学大学院映像研究科修士課程 修了

1991年生まれ、宮城県丸森で育つ。在学中に狩猟をはじめる。現場でつぎつぎに起こる出来事を
エスノグラフィックな視点で見つめ、自身が出演・演出・記録する手法で映像作品を制作している。
作品に、都会で暮らす猟師の奇妙な生活を描いた「猟師の生活(2016)」、震災後に猟をやめた祖父を追った
「じいちゃんとわたしの共通言語(2016)」などがある。現在、第5期HAPSスタジオ使用者として京都在住。

 

 
時間:

9:00~21:30

場所:

図書館3階ギャラリー

参加費:

無料

申し込み方法:

ご自由にご覧いただけます

定員:
講師/先生:
主催:

多賀城市立図書館

共催・協力:

井上亜美 http://amiinoue.com/

問い合わせ先:

多賀城市立図書館 022-368-6226

ホームページ: